電気ケトルでコーヒーを淹れるとまずいの?美味しく淹れる秘訣は蓋を開けたまま○○することだった!

How to Coffee

手軽にお湯が沸かせられる電気ケトル。

そんな便利な電気ケトルのお湯でコーヒーを淹れると
「あれ?そんなに美味しくない。。。」
となってしまう方も多いです。

お湯温度が高すぎてコーヒーのエグ味が出てしまっているんですよね。
コーヒーの風味や香りが損なわれてしまっています。

 

この記事では便利だけどもコーヒーのドリップには向かない、そんな電気ケトルで”美味しいコーヒーを淹れる方法”を紹介しています。
ドリッパーを用いたドリップコーヒーを参考にしていますが、より手軽なドリップバッグでも応用がききますよ。

さらに電気ケトルを使用する上での注意点も紹介しています。
・美味しいコーヒーを楽しみたいけども道具が増えるのが嫌だ!
という方も是非このまま読み進めてくださいね。

スポンサーリンク

電気ケトルでコーヒーを美味しく淹れる方法

電気ケトルでコーヒーを淹れるなら
「お湯が沸いてから蓋を開けて2~3分放置」
「お湯は優しく注ぐ」
この2点に気を付けると美味しいコーヒーが楽しめますよ。

 

コーヒーのドリップに適したお湯温度は80~96度です。

電気ケトルの蓋を開けたまま放置することで
・2分で94度
・3分で90~91度
ほどまでお湯温度は下がります。

温度の下がったお湯でコーヒーを淹れると香りや風味がしっかりと引き立ちますよ。

一方で、沸きたて100度のお湯でコーヒーをドリップするとエグみが前面に出てきます。

 

また、ティファールなど電気ケトルの注ぎ口は大きいものが多いです。

お湯を一気に注いでコーヒーをドリップすると雑味が出やすかったり、抜けたコーヒーに仕上がりやすいんですよね。

例外として、
・1つ穴のメリタ式ドリッパーを使用している
・浅煎りコーヒー豆で透明感のある紅茶のようなコーヒーを楽しみたい
という場合は蒸らしをした後にお湯を一度に注いでも問題ありませんよ。

ドリップ速度の遅いメリタ式ドリッパー以外のドリッパーを使用していたり、コクのあるコーヒーが楽しみたい場合は優しくお湯を注いだ方が美味しいコーヒーが楽しめますよ。

 

コーヒー豆から挽いて楽しむハンドドリップはもちろんのこと、すでに粉になってるドリップバッグでも同様です。

「電気ケトルの蓋を開けて2~3分放置してからゆっくりとお湯を注ぐ」
たったこれだけで香りや風味が口の中に広がる美味しいコーヒーに仕上がりますよ。

 

お湯を優しく注ぐのは力加減ですが、温度管理を確実にしたいのであれば「温度計」の使用が一番です。

電気ケトルでお湯を沸かして温度計を挿し、目的のお湯温度になったらお湯を注ぎ始める。
手軽に、確実に、狙ったお湯温度でコーヒーをドリップすることができますよ。

 

ただし中には
「コーヒーを淹れるたびにお湯温度を測るの面倒、、、」
と感じる方もいらっしゃるはず。

安心してください。
次項では電気ケトルの蓋を開けて放置した場合の「温度変化」を紹介していますよ。

より手軽に道具を少なくコーヒーを楽しみたい方も是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

電気ケトルの蓋を開けての湯温推移

電気ケトルは蓋を開けて2分放置すると”季節問わず”に94度ほどまで下がります。

<計測環境>
電気ケトル:『ティファール T-fal』JUSTINE+
沸かしたお湯の量:1リットル
室温:20℃、無風

<お湯温度変化グラフ>

<お湯温度変化の推移>

上の計測は過ごしやすい日に室内で行ったものです。
2分以降は30秒で約1度ずつ温度が下がっていますね。

 

実は室温6℃の冬でもほぼ同様だったんです。

室温20℃との比較で5分時点で約1度、10分時点で約2度の差が生じましたが、極端な差は出ないので十分流用出来ますね。

 

ちなみに、真夏の炎天下でも2分で94度までは同様でした。

ただしその後はなかなか下がらなかったです。

真夏日に80度台でコーヒーをドリップしたい場合は
・かき混ぜる
・別の容器に一度お湯を移す
などの工夫するとスムーズに温度を下げることができますよ。

スポンサーリンク

危険!ティファールの蓋を開けたまま沸かす

電気ケトルの蓋を開けたまま湯沸かしし続けると、お湯は沸騰し続けます。

ティファールの電気ケトルには「空焚きになると自動停止する安全機能」が付いていますが、お湯が蒸発しきるまでは沸騰し続けるのでかなり危険です。

 

電気ケトルは水を入れてふたを閉めたらスイッチを押すと湯沸かしスタートです。

このときに”蓋を開けたまま”スイッチを入れてもお湯を沸かすことはできます。

ただし、水がなくなるまで沸騰し続け高温の水蒸気が発生し続けます。
誤って触れればもちろん火傷です。

安全のためにも絶対に蓋を開けたまま湯沸かしないように気を付けてくださいね。

 

ちなみに、
・保温機能がないものはケトル(ヤカン)
・保温機能があるものは電気ポット
という分類がされています。

さらに、ポットは真下にお湯を出るものが基本です。

インスタントコーヒーを楽しむにはポットでも楽しむことができますが、ドリップコーヒーなどの”お湯の注ぎ方で違いの出るコーヒー”はケトルの方がお湯を注ぎやすいですよ。

沸かすまでに時間はかかるもののコーヒーを存分に楽しむなら必ずケトルは用意した方が良いですね。

 

電気ケトルでも美味しいコーヒーは淹れられるので、
「なんだか美味しくないな。。。」
と感じられたらお湯温度やお湯の注ぎ方を見直してみてくださいね。

それでは本日も素敵なコーヒータイムを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました