もはや別物!カリタ銅製ウェーブドリッパー同士を比較するとサイズ違いじゃない別物コーヒードリッパーだった!!「WDC-185開封レビュー」

Coffee Tools

見た目は美しくスタイリッシュ。
誰でもいつでも安定したコーヒーが抽出でき、見た目もおしゃれで喫茶店でも使われることの多い

「カリタウェーブ」

老舗珈琲器具メーカー『Kalita(カリタ)』さんのコーヒードリッパーは安定してコーヒーが抽出しやすいですよね。

 

「D’s CAFE Style」のonoDです。

「カリタウェーブ」は色展開は少ないものの、様々な”材質”でラインナップされたり見た目のスタイリッシュさから一般家庭だけにとどまらず様々なコーヒー専門店でも扱われる大人気のコーヒードリッパーです。

特に、新潟県燕市とのコラボレーション展開されている「TSUBAME × Kalita」シリーズは、職人の手によって加工された「銅」や「ステンレス」がこれ以上なく美しい輝きと高級感から惚れ惚れするような逸品です。

<WDC-155で23gの珈琲豆からコーヒーを抽出しているところ>

onoDもすでに小さいサイズ(1~2人用)の銅製カリタウェーブ「WDC-155」を所有していて高頻度でコーヒーを楽しんでいるのですが、
「2杯以上のコーヒーを一気に抽出するのにはちょっと小さい。。。」
と感じています。

そこでこの度、大きいサイズ(2~4人用)の「WDC-185」を購入しました!!

 

外観や使用感などの「開封レビュー」をすると共に、

「同じ珈琲豆」
「同じ挽き目」
「同じお湯温度」
「同じ抽出量」
でコーヒーを淹れた場合、「WDC-185」と「WDC-155」ではコーヒーの味わいや仕上がりに”違い”が出るのかどうかについても検証します。

 

「サイズの違い」だけかと思いきや意外や意外!

実際に並べて比較してみると「まったく別物のコーヒードリッパー」であることがわかりました。

 

コンパクトで可愛らしい見た目の「WDC-155」
多めの珈琲豆を用いても対応できる「WDC-185」
どちらかを購入しようか迷っている方には、ぜひとも”購入前に知っておいてほしい”情報をたくさん紹介していきますよ。

また、すでにどちらか一方のコーヒードリッパーをお持ちの方には、購入するか否かの”判断材料”として参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

銅製カリタウェーブ「WDC-185」の外観は「WDC-155」と比べてサイズ・傾斜角度・質感が違う

ポイントが貯まっていたので「ヨドバシカメラ」さんのオンラインショップで購入。

一緒に、
・カリタウェーブ185専用ペーパー「ウェーブフィルター185(2~4人用 50枚)」
・カリタウェーブ155専用ペーパー「ウェーブフィルター155(1~2人用 50枚)」
も購入しています。

何故か銅製カリタウェーブ「WDC-185」だけ別発送になり、別の箱に入っていました。

 

外箱に記載されている文言などは製品名以外「WDC-155」に記載されているものと同じで、「Made in TSUBAME」の紹介やカリタさんならではの「おいしいコーヒーのいれ方」が紹介されています。

カリタさんの製品を購入したことのある方には「いつものとおり」なので割愛します。

特に特筆すべきものはないのでさっそく「WDC-185」の外箱を開けてみます。

っ~~~デカイ!!

 

箱にピッタリ納まっているのもあるのかもしれませんが、想像していたよりも大きく感じます。

箱から出して手に取ってみるとより一層大きく感じますね。

ずっと1~2人用の「WDC-155」のサイズ感で慣れているので余計感じるのかもしれませんが、「WDC-185」のサイズ感は迫力があってかなり大きく感じます。

created by Rinker
¥8,044 (2022/09/29 22:09:39時点 楽天市場調べ-詳細)

 

1~2人用の「WDC-155」と3~4人用の「WDC-185」を並べてみると一目瞭然ですね。

「高さ」こそあまり違いはありませんが上部の「幅」が大きく異なります。

横に並べてみるとハッキリと気付くのですが、高さにはそこまで違いがなくとも側面の「傾斜角度」に大きな違いがあります。

 

「WDC-185」の方が根元から鋭角になっていてキツめの角度になっています。

後ほど同じ条件で「WDC-155」と「WDC-185」で淹れ比べを行いますが、珈琲豆とお湯の接地面積に違いが出るため「傾斜角度の違い」はコーヒーの味に差を生みそうですね。

 

横に並べて気付く点として、本体と皿部分の接合部の隙間が「WDC-185」の方が空いているにも気づきます。

 

上から覗いてみると開口部の大きさ以外に違いはなく、底部分については同一に見えますね。

上から覗いた際には「WDC-185」は皿部分がすっぽりと隠れてしまいます。

この「サイズ感」の違いが「WDC-185」を更にド迫力に感じさせているのでしょう。

 

逆さまにして重ねてみましょう。

底部はピッタリと同じサイズで、皿部分と持ち手も同様ですね。

ペーパーフィルターがセットされる本体部分以外はまったくの同一のものと考えていいでしょう。

ちなみに、「WDC-185」と「WDC-155」を重ねた状態で上から覗いてみると「穴の位置」と「穴の大きさ」も同じです。

カリタさんといえばなんといっても「小さめの3つ穴」ですよね。

ペーパーフィルターが接する底部の形状、穴の位置・穴の大きさに違いは確認できませんので「底部」はまったくの同一といっていいでしょう。

ダイレクトにコーヒーの味わいに直結する底部に違いはありませんので、コーヒー抽出時は「WDC-185」でも「WDC-155」ではそこまでの違いはなさそうですね。

 

・・・さて、ここでひとつだけ残念な点を紹介しておきます。

「質感」が違います。

明るいところだとほとんど差を感じませんが、少しばかし暗いところで見比べてみると違いは明らかです。

<部屋を暗くして近づいて撮影したWDC-155>

<部屋を暗くして近づいて撮影したWDC-185>

「WDC-155」の側面は”ヘアライン仕上げ”になっていてかなり上質に演出しています。

一方で「WDC-185」には”ヘアライン仕上げ”は確認できず”横縞模様”が見られます。

 

触った「質感」に違いは判りませんが、見た目の「質感」には「WDC-155」が”いかにもな金属感”なのに対し「WDC-185」は”金属にフィルムを張ったような質感”です。

コーヒーの味わいには直接的に関係はありませんが、
「見て楽しい。」
をモットーにしているonoDにとっては”マイナスポイント”ですね。。。

どちらも”ヘアライン仕上げ”で統一してほしいところでした。

 

その他、外観上で気になった点については「WDC-155」と変わりませんね。

詳しくは「WDC-155」の開封レビューを参考にしていただければと思います。

カリタの銅製ウェーブドリッパーは不満もあるけどコーヒーを10倍楽しくさせる逸品!!
2020年10月5日。 念願のコーヒードリッパーをついに手に入れちゃいました。 無駄のない洗練されたデザインのウェーブドリッパー。 ご存知のとおり、ウェーブドリッパーは珈琲器具メーカー『Kalita(カリタ)』から発売...
スポンサーリンク

銅製カリタウェーブ「WDC-185」に新品ウェーブフィルターをセットするとちょっと心配になる

銅製カリタウェーブ「WDC-185」に専用ペーパーフィルター「ウェーブフィルター185」をセットしていきましょう。

波打った形状が独特なウェーブフィルターは、50枚入りの新品箱を開封すると「25枚 × 2」の2段構成で入っています。

ウェーブフィルターの”難点”としてよく挙げられるのが、
・紙の匂いが強い
・紙が取りにくい
の2点です。

 

ご存知のとおり、ウェーブフィルターに限らずカリタさんのペーパーフィルターは「紙の匂いが強い」ことで有名ですよね。

紙の匂いは珈琲豆をペーパーフィルターにセットする前に、ペーパーフィルター全体にお湯を通す「リンス」を施すことでかなり軽減できます。

基本的にはリンスを施した方がクリアなコーヒーが楽しめますよ。

 

「紙がとりにくい」というのは、1枚ずつ”平面”で重なって収納される円錐型ペーパーフィルターや扇形ペーパーフィルターと比べてウェーブフィルターはとにかく紙がとりにくいです。

波打った部分が折り重なって”立体的”にはまっているため、1枚だけを綺麗な形を保ったまま取り出すのが大変なんですよね。

 

サイズの小さい「ウェーブフィルター155」ではコツがあって、
「一度束を広げて一番内側の1枚の端を一周ぐるっと指でなぞって浮かせるようにしていく」
と綺麗に1枚だけ取り出しやすいです。

 

「ウェーブフィルター185」でも同様に取り出してみると、

綺麗に1枚だけ取り出せましたね。

「ウェーブフィルター155」に比べて背が高いので、ちょっとだけ難易度が上がっている気がします。

 

1枚綺麗に取り出したので「WDC-185」にセットしてみると、

ものすご~~~く隙間が空いています。

サイズを間違えたかと不安になりますね。。。

<ウェーブフィルター185をセットするところ>

 

ウェーブフィルターには2種類しかありませんし両方とも所有しています。

ウェーブフィルターだけを並べてみても違いと言っては背の高さぐらいです。

右側の「ウェーブフィルター155」の方がしっかりとした印象がありますが、これは50枚入りの”最後の1枚”となるため、
「一番外側の一番広がったウェーブフィルター」
なためです。

逆に今回開封したばかりの「ウェーブフィルター185」は
「一番内側の一番窮屈なウェーブフィルター」
なため、見た目に大きな違いがあります。
※「ウェーブフィルター155」でも同様です。

ちなみに、一番広がっている「ウェーブフィルター155」を「WDC-185」にセットしてみると

高さ以外は完璧にフィットしました。

1杯分だけ抽出するときなどは代用できちゃいそうですね。

 

「WDC-155」でも新品の一番内側のウェーブフィルターはかなり窮屈な見た目で隙間が空いていましたが、お湯が通ると広がってフィットしていました。

おそらくは「WDC-185」でも同様でしょうから大丈夫でしょう。
※この後検証します。

スポンサーリンク

銅製カリタウェーブ「WDC-185」と「WDC-155」で200ccのコーヒー「1杯取り」で淹れ比べ

ウェーブフィルターも確認出来たところで
・1~2人用の銅製カリタウェーブ「WDC-155」
・2~4人用の銅製カリタウェーブ「WDC-185」
2つのコーヒードリッパーでそれぞれ”同様の条件でコーヒーを抽出”してみて違いが出るかを検証していきます。

 

コーヒーの味を左右する抽出条件としては、
①珈琲豆の分量
②珈琲豆の挽き目
③お湯温度
④抽出時間
⑤抽出量
が挙げられます。

とうぜんながら今回は「同じ産地・銘柄・焙煎の珈琲豆」を使用する前提のもと、
①珈琲豆の分量
②珈琲豆の挽き目
③お湯温度
⑤抽出量
を同一にして抽出していきましょう。

 

④抽出時間に関しては、コーヒードリッパーによる違いで変動する可能性も予想されますので”未定”にしておきます。

「レシピ」
珈琲豆 :リオココオーガニック(ニカラグア産)フルシティロースト
①挽き目 :中挽き
②珈琲豆 :12g
③お湯温度:85度
④抽出時間:未定
⑤抽出量 :200cc
リンス :あり

お湯の注ぎ方
1投目:5秒で20g
30秒待つ(蒸らし)
2投目:30秒で80g(計100g)
5秒待つ
3投目:30秒で80g(計180g)
2秒待つ
4投目:200cc抽出されるまで注ぎ続ける

といった感じでお湯を注ぐ時間と重さをキッチリ管理しておいて、抽出過程に違いが出ないようにしていきます。

 

一般的に珈琲豆は「豆の状態で計量してコーヒーミルで粉に挽く」ということがほとんどだと思いますが、それだと静電気などでコーヒーミルに粉が付着して微妙に分量に差が生じると予想されます。

今回は可能な限り同条件で抽出を行いたいため、珈琲豆を「豆の状態であらかじめ多めに計量してコーヒーミルで粉に挽き、コーヒードリッパーセット時に再び計量」します。

この方法ならば、おたがい珈琲豆の分量に誤差がなくコーヒー抽出が可能となりますからね。

 

<25g計量したリオココオーガニック>

<コーヒーミル粉砕後のリオココオーガニック(24.8g)と静電気で付着した珈琲粉>

 

それでは使い慣れている「WDC-155」で抽出していきます。

<ウェーブフィルター155にリンスをしているところ>

<12.0gのリオココオーガニックを計量してセットしたWDC-155>

<85.2度のお湯温度>

<WDC-155でコーヒーを抽出しているところ①>

<WDC-155でコーヒーを抽出しているところ②>

<WDC-155で抽出したコーヒーをカップに注いでいるところ>

<WDC-155で淹れたコーヒー>

1~2人用の銅製カリタウェーブ「WDC-155」でのコーヒー抽出はいつもの通りですのでほぼ割愛していますが、200ccのコーヒーが抽出されるまでの抽出時間は「2分ジャスト」でした。

 

続いて、今回初めて使用する2~4人用の銅製カリタウェーブ「WDC-185」でコーヒーを抽出していきます。

まずは「ウェーブフィルター185」にリンスをしていきます。

底にお湯を注ぎ始めると、しぼんでいたウェーブフィルターが開き始めます。

ウェーブフィルター全体をリンスし終えるころには、ピッタリと壁部にまで開いていますね。

そのままウェーブフィルターにセットした時は心配でしたが、お湯が浸透し始めればまったく心配ありませんでしたね。

 

後日撮影したものですが「ウェーブフィルター185」を「WDC-185」にセットしてリンスを施している動画を載せておきます。

<ウェーブフィルター185にリンスしているところ>

 

お湯を注いでウェーブフィルターが”花開く”感じがなんとも嬉しいですね♪

コーヒードリッパーに落ちた「紙の匂いを多分に含んだお湯」は捨てちゃいます。
(普段はカップに移して温めています。)

 

「WDC-185」にもキッカリ12.0gのリオココオーガニックをセットします。

これで「WDC-155」で抽出したコーヒーと、珈琲豆の分量による差はでないはずですね。

珈琲豆を平らにならしてみると、かなり遠くに感じますね。

高さ自体は「WDC-185」も「WDC-155」もさほど差はありませんが、こうして珈琲豆をセットして眺めてみるとぜんぜん違います。

 

お湯温度は「85.1度」ですね。

0.1度ほど低いですが、温度計の表示による誤差の範囲でしょう。

1投目のお湯を注いで蒸らしをしていきます。

コーヒーポットの先端から珈琲豆までの距離がかなり遠く感じます。

「WDC-185」の縁は「WDC-155」よりもかなり広く開いているので、珈琲豆の中心にお湯を落とそうとすると自然にコーヒーポットの位置が高くなるんですよね。

それでもすぐに慣れそうな感じです。

30秒蒸らしている最中です。

膨らみに関しては「WDC-155」の場合と変わりがないように感じますが、ほぼ同じお湯の量(約20g)を注いだにもかかわらず「WDC-185」ではお湯が下から垂れ始めてきました。

とりあえず気にせずにレシピに記載した通りで抽出を続けます。

2投目で濃厚なコーヒー抽出し、3投目、4投目で濃度調整・抽出量調整をしているイメージですが、「WDC-155」に比べて抽出スピードが速いですね。

4投目を開始してすぐに目的の200ccに到達し、「1分50秒」で抽出完了でした。

カップに注がれていくコーヒー液も赤味がかったより透明感のある色合いですね。

抽出スピードは「WDC-185」の方が明らかに速く、「2投目と3投目の間」「3投目と4投目の間」の待ち時間にコーヒードリッパー内のお湯はほとんど落ち切っていました。

スポンサーリンク

同条件でも抽出速度が速い「WDC-185」はよりクリアなコーヒーが淹れ上がる

淹れ上がったコーヒーを飲み比べてみると、コーヒー液の色同様に”味わい”にも違いがあります。

「WDC-155」で淹れたコーヒーに比べて「WDC-185」で淹れたコーヒーは”サッパリとした味わい”になっています。

 

「WDC-155」と「WDC-185」では本体部の「傾斜角度」に大きな違いがあるため、同じ珈琲豆の分量をセットした場合に「WDC-185」は”珈琲豆の層は薄く広がった”ためでしょう。

層が薄いため浸透したお湯は底に到達するのが速くドリップされるのも速くなったのでしょう。

その分、コーヒー液がクリアな色をして味わいもクリアになっています。

 

まるで円錐型ドリッパーで高速ドリップしたような味わいに仕上がっていて、サードウェーブコーヒーにはものすごく適したコーヒードリッパーな気がします。

 

一方「WDC-155」は珈琲豆の層が厚く狭まっているので、お湯の浸透速度が遅くなってより濃くコーヒーが抽出されています。

少量の珈琲豆からじっくりとコーヒーを抽出したい場合はかなりやりやすいです。

 

どちらの銅製カリタウェーブが好みかは人によって様々です。

一概に「こっちの方が優れている!!」と言うわけではないですが、個人的には
・浅煎り~中煎りならば「WDC-185」
・中深煎り~深煎りならば「WDC-155」
でそれぞれ抽出すると好みな味わいなコーヒーが仕上がりそうです。

ただし、これらは「1杯取り」を前提としたお話ですので、2人分2杯のコーヒーを抽出した場合ではその限りではないでしょうし使用する珈琲豆にもよります。

元も子もない話ですが「どちらも素晴らしいコーヒードリッパー!」なのは間違いないですよ。

スポンサーリンク

満足♪「サイズ」の違いだけじゃない「味」と「質感」が異なる別物コーヒードリッパーで素敵なコーヒータイム

「2杯以上のコーヒーを一気に抽出するのにはちょっと小さい。。。」
と感じて購入した2~4人用の銅製カリタウェーブ「WDC-185」ですが、

1~2人用の「WDC-155」とほぼ同じ条件で「1杯取り」して比較してみれば意外や意外。

まったくの別物と思えるようなコーヒードリッパーでした。

 

許容できる珈琲豆の容量の違いだけの”サイズ違い”というだけではなく、側面部の「傾斜角度」に違いがあることで珈琲豆の層と広がりに違いが出て、同じようにお湯を注いだ場合では異なる味わいのコーヒーに仕上がります。

「クリアなコーヒーを楽しみたい。」
「コーヒーは1度に1杯分しか抽出しない。」
と考えている方でも、2~4人用の「WDC-185」をおススメします。

大人数向けに一度にコーヒー抽出するのが前提ならば「WDC-185」で決まりです。

created by Rinker
¥8,044 (2022/09/29 22:09:39時点 楽天市場調べ-詳細)

「濃厚なコーヒーの方が良い!」
と言う方でも、お湯を注ぐ際にゆっくりと優しく広範囲にお湯を注いでいけば「WDC-155」で淹れたコーヒーと遜色ない1杯も淹れられると思います。

 

結局のところ
「道具を疑う前に自分を疑え!」
がコーヒー上達の近道ですからね。

 

ただ一点、銅の表面加工が”ヘアライン仕上げ”でなかったことはとても残念です。

銅の輝きは美しいものがありますが、見た目の”高級感”では「WDC-155」に劣ります。

 

目で見て楽しむのもコーヒータイムの楽しみ方です。

コーヒードリッパー選びで悩んでいる方の少しでも参考になっていれば幸いです。

 

それでは本日も素敵なコーヒータイムを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました