楽しさ100倍!とにかく清潔で美しいカリタの波佐見焼トレイの透き通る白さに惚れ惚れする。

Coffee Ware

2020年10月22日。

なくても良いけども
「あったらおしゃれだな~。」
ってずっと思っていたコーヒーアイテムが我が家に来ました。

コーヒーのドリップを終えたコーヒードリッパーを載せておけるコーヒートレイ。

 

安土桃山時代から続く陶磁器の里、長崎県波佐見町。

町全体が一丸となって世界に発信する地域ブランド『HASAMI』

 

珈琲器具の老舗メーカー『Kalita(カリタ)』さんと『HASAMI』のコラボレーション陶磁器シリーズにラインナップされる波佐見焼のコーヒートレイ

『HASAMI × Kalita HA トレイ』
を手に入れちゃいました。

これがあるとないではコーヒーの楽しさが全然違いました。

スポンサーリンク

どこまで清潔感漂う純潔の白さとずっしりとした重厚感

外箱はシンプルだけども、箱の隅にはカリタさんといえばの赤いチェック入り。

早速箱を開けると中には、真っ白く手のひらよりも大きい陶磁器のトレイが出てきます。

そして、もうしわけ程度の陶磁器製品取り扱いの注意書きが1枚。

 

透き通るような白さを持つ波佐見焼のトレイは、清潔感が全体からにじみ出ているようですね。

純潔な白さに惚れ惚れしますね。。。

 

トレイを手に持ってみると、底の部分は手のひらサイズ。

トレイ全体としては手のひらよりも大きいですね。

 

ずっしりとした重厚感を感じて結構重いです。

重さを測ってみると「269g」でした。

ちなみに、カリタさんのホームページには「本体重量:270g」となっています。

HA トレイ|コーヒー機器総合メーカーカリタ【Kalita】

誤差の範囲でしょう。

 

重量感はあるもののコーヒードリッパーを載せておくトレイとして活用する予定ですので、
持って動かす機会は少ないでしょうからそこまで気にならなそうです。

スポンサーリンク

随所に光るMade in HASAMIこれぞジャパンクオリティ。

外観をじっくり触りながら見てみます。

底には「Kalita」の刻印だけでとってもシンプルです。

裏面には「MADE IN JAPAN」「HASAMI」の刻印がありますね。

 

二段になっている溝の一段目に、所有している同じくカリタさんのメイド・イン・ジャパン
『TSUBAME × Kalita ウェーブドリッパーWDC-155』がジャストフィットします。

同じメーカーとはいえ材質が異なっているコーヒードリッパーが
ピッタリとセットできるのはなんだか嬉しいですね。

 

鈍く輝く銅製のウェーブドリッパーが純潔な白いトレイに鎮座する姿は、
言葉に言い表せないぐらいに美しく「ジャパンクオリティ」を感じます。

 

他メーカーのコーヒードリッパーも載せてみましょう。

『KONO(コーノ)』さんの名門フィルター(1~2人)は
ややオーバーサイズながらも載ります。

問題なく載せて使えそうですね。

 

こちらも『KONO(コーノ)』さんの名門フィルター(1~2人用)ですが、
堀口珈琲』さんの限定カラー仕様です。

波佐見焼トレイの白と限定カラーのクリーム色がマッチしますね。

 

『珈琲考具』さんのステンレスドリッパー(1~4人用)は
持ち手の部分が引っかかって斜めに載ります。

こちらも使用には問題なさそうですが、ちょっとみっともないですね。

 

コーヒードリッパーの持ち手が皿部分から伸びているタイプでなければ、
載せられるコーヒードリッパーの種類は多そうですね。

スポンサーリンク

コーヒーを抽出してドリッパーを載せるとKalitaの文字が強調される

コーヒーを淹れてドリッパーを載せてみましょう。

今までコーヒーの抽出の終わったコーヒードリッパーは、
他のコーヒーカップなどの容器に載せていました。

これでも問題なくコーヒーは楽しめますしコーヒーの味が変わるわけでもないですが
「ビジュアル的にちょっと、、、」
と感じていたんですよね。

 

波佐見焼トレイに抽出の終わった珈琲ドリッパーを載せてみると、
とってもしっくりきますね。

ほんの少しずれていたパーツがカッチリはまったような感覚です。

 

ドリッパーを持ち上げてみると、薄いコーヒー液が白い波佐見焼トレイを覆って
「Kalita」の刻印がより強調されてます。

なんだかとってもおしゃれな演出な気がします。

 

もっとも表からは一切見えないですけどね。

スポンサーリンク

ツルツル滑るので洗う時には要注意。

一通りコーヒーを楽しんだ後はしっかりと洗います。

波佐見焼トレイには「台所用洗剤」も使用可能ですので衛生面もバッチリですね。

 

ただし、表面がとってもツルツルしていて重量もありますので、
手から滑らせて落とさないように注意した方が良さそうです。

 

水はけはとっても良くて匂いも付きにくそうで衛生的、
清潔感を保ったままの純潔な白さを保てそうですよ。

スポンサーリンク

透き通る白さが清潔感を与える波佐見焼トレイは多用途。


カリタさんとHASAMIブランドのコラボレーションシリーズの波佐見焼トレイは
透き通る白さが与える清潔感が非常に美しいコーヒートレイです。

コーヒートレイは正直言って
「所有してないとコーヒーが淹れられない!」
というような不可欠なアイテムではないけれども、

そこにあるだけでおしゃれさを倍増させるコーヒーアイテムであることは間違いないです。

 

透き通るような白さと衛生的で清潔な波佐見焼トレイは、
私のコーヒータイムをより一層豊かなものにしてくれること間違いなしですね。

 

私はコーヒーと一緒にチョコレートを楽しんだりしていて、
小さいチョコレートを置いておくのにちょうどいいサイズ感なんです。

角砂糖やコーヒーシュガー、ガムシロップなどを載せておくのにも活用できそうで、
あと2つくらい買ってしまいそうですね。。。

 

見てるだけでおしゃれでワクワクさせるアイテムですね。

他にも、同じ波佐見焼のコーヒードリッパーが欲しくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました