アイスコーヒーを作って真夏の熱さを吹き飛ばせ!急冷式アイスコーヒーの作り方。「Today’s Coffee」

Today's Coffee

氷を張ったコーヒーサーバーにホットコーヒーを抽出すれば「急冷式アイスコーヒー」の完成。

 

「D’s CAFE Style」のonoDです。

普通にホットコーヒーを抽出(ドリップ)する要領で冷えたアイスコーヒーを作ることができる急冷式アイスコーヒー。

真夏は”暑い”ので、ホットコーヒーの”熱さ”も氷の冷たさで吹き飛ばしてキンキンに冷えたアイスコーヒーを作って飲みましょう。

 

体を冷やさないという意味ではホットコーヒーの方が健康には良いと思います。

真夏でも毎朝ホットコーヒーを飲んでいますが、ホットコーヒーを飲むと身体が軽くなる気がして一日元気に過ごせますよ。

 

ちなみに、アイスコーヒーを作るなら昔ながらの三角形型(首がすぼんでいるもの)のコーヒーサーバーがおススメです。

私が愛用しているKalitaさんのJug500は容量もそこそこで見た目もお洒落でスタイリッシュなのですが、カップに注ぐ際に融けかけの氷も一緒に注がれやすいです。

created by Rinker
¥1,893 (2022/09/30 03:26:24時点 楽天市場調べ-詳細)

どうしてもストレートなビーカータイプのコーヒーサーバーで急冷式アイスコーヒーを作りたいならば、大きめのタライなどに氷を張った中にコーヒーサーバーをセットしてドリップするなんて方法もありますよ。

昔ながらのトタン製のタライはレトロな雰囲気も良いですよね。

スポンサーリンク

急冷式アイスコーヒーと水出しコーヒー

「急冷式アイスコーヒー」って呼び方だけども、その名の通りで”ホットコーヒーを急激に冷やしたアイスコーヒー”のことでホットコーヒーを一気に冷やしてるだけなんだよね。

ただ、この一気に冷やすってところがポイントだったりする。

 

ホットコーヒーの余熱を取って冷蔵庫に入れて徐々に冷やしてから飲んでみると、香りも風味も抜け落ちたキレのないコーヒーになる。

試しにやってみるとよくわかるけど、不味いアイスコーヒーが出来上がるよ。

 

お店でアイスコーヒーを注文すると、だいたい出てくるのが「急冷式アイスコーヒー」でキリッとした味わいが特徴的だよね。

このキリッとした味わいは一気に冷やすことで風味を保ったまま冷やしてるからできるんだよね。

 

一方で、アイスコーヒーで代表的なものに「水出しコーヒー」ってのもある。

お店でアイスコーヒーとして「水出しコーヒー」をレギュラーで提供してることろは少なくて、提供してても”別メニュー扱い”になってることがほとんど。

メニュー名は「水出しコーヒー」か「コールドブリュー」って表記されてるね。

 

お湯じゃなくて水でゆっくりと時間をかけてコーヒーを抽出する方法で、雑味のないスッキリとした味わいが特徴的。

「急冷式アイスコーヒー」のような切れ味はあまり感じられないよ。

 

どっちが良いとか悪いとかってないけど、個人的に飲みやすいのは「水出しコーヒー」かな?

「水出しコーヒー」については水出しコーヒーの作り方で紹介してるから、気になる方はそっちも参考にしてみてね。

水出しコーヒーを冷蔵庫に入れるまでの手順。複数個のお茶パックを使用して一度に大量の水出しコーヒーを作る。「Today's Coffee」
水出しコーヒーは ①挽いた珈琲豆をお茶パックに入れる ②ピッチャーに①のお茶パックを入れる ③ピッチャーに水を注ぐ ④時間を置いてコーヒーを抽出する(冷蔵庫で冷やす) ⑤ピッチャーから①のお茶パックを取る という工程で、冷たくて...
スポンサーリンク

切れ味鋭い急冷式アイスコーヒーの作り方

キリッとした味わいが特徴的な「急冷式アイスコーヒー」だけども、作り方は簡単。

氷を張ったコーヒーサーバーに普段通りにコーヒーをドリップする。だけだ。

 

これでアツアツのホットコーヒーが一気に冷やされ、風味を保ったままアイスコーヒーに切れ味鋭いアイスコーヒーを楽しむことができる。

用意するものもホットコーヒーを抽出するのと何ら変わらず、「氷」を追加で用意する程度。

 

一応レシピを書いとくけど、氷がどれぐらい融けるかはその日の気温で大きく左右されるからホントに参考程度だね。

「オリジナル深煎りアイスブレンド」
挽き目 :中挽き
珈琲豆 :12g
お湯温度:86度
抽出時間:2分(蒸らし時間40秒含む)
抽出量 :120cc(ドリップされるコーヒーのみ)

 

さて、コーヒーを美味しく楽しむための基本中の基本は
「挽きたての珈琲豆を使うこと」
なので珈琲豆を挽いていこう。

使用する珈琲豆は「オリジナル深煎りアイスブレンド」で、
・マンデリンフレンチロースト:4.8g
・ブルカAAイタリアンロースト:7.2g
をブレンドしてる。
※それぞれの珈琲豆は千葉県山武市成東の『自家焙煎珈琲豆の館』さんで購入

マンデリンとブルカAA(タンザニア)の深煎りを「4:6」でブレンドしたものだよ。

香りと風味がものすごく強くてキレッキレなブレンドコーヒーだからアイスコーヒーに向いてる。

 

お湯が沸いたらコーヒーの抽出に移って良いんだけども、お気に入りのコーヒードリッパーは「Kalita 銅製カリタウェーブ WDC-155」で、専用のウェーブフィルターは紙の匂いが強いからリンス(湯通し)しておく。

キッチンのシンクの上でお湯を注いでリンス。

通常、ペーパーフィルターをリンスするときはコーヒーサーバーに重ねてお湯を注ぐけども、今回はアイスコーヒーを抽出するわけだからコーヒーサーバーは温めない。

温めると氷を張った際に”ものすごい速さで氷が融ける”のでうっすいアイスコーヒーに仕上がっちゃうから気を付けてね。

 

ウェーブフィルターのリンスが終わったからコーヒーサーバーに氷を敷き詰める。

氷は少なくなるぐらいなら多い方が良い。

というのは熱いコーヒーがドリップされたときに氷の量が少ないと全部融けちゃうから。

 

逆に氷が多い分には融けきらずに冷やし続けてくれる。

 

700ml容量のコーヒーサーバーの700mlラインぐらいまで氷を敷き詰めると、2~3人分のアイスコーヒーぐらいまでキンキンに冷やせるよ。

4人分となると容量的に厳しいのと、氷が融けきる可能性が高い。

今回みたいに1人分だけの急冷式アイスコーヒーを作るならオーバーキルなぐらいだけど、それでも氷は少ないより多い方が良い。

 

コーヒードリッパーを氷を敷き詰めたコーヒーサーバーに載せて準備完了。

あとは蒸らし→コーヒー抽出という通常のホットコーヒーの抽出と変わらない。

蒸らしに注いだお湯がちょっと垂れてきたけども、気にせずコーヒーを抽出していくよ。

 

通常のホットコーヒーのドリップとは変わらないとはいえ、ちょっとした注意点はある。

それが「濃いめに抽出する」ってこと。

 

当然だけどもお湯を注いでコーヒーを抽出するわけだからアツアツのホットコーヒーが氷にドリップされていく。

氷にアツアツのコーヒーがドリップされれば氷が融けるのは当然で、融けた氷の分コーヒーが薄まる。

だから注ぐお湯の量は少なめにして濃いめのコーヒーを抽出するのがポイント。

 

私がホットコーヒーを抽出する際には
「12gの珈琲豆から150cc抽出(注ぐお湯の量は180g)」
だけども、
急冷式アイスコーヒーでは
「12gの珈琲豆から120cc抽出(注ぐお湯の量は140g)」
といった感じで注ぐお湯の量も抽出するコーヒーの量も少なくして濃いめにしてるよ。

 

抽出完了。

250ml(cc)あたりまで液面が上がってるけども、融け残ってる氷も入ってるから実際にはもっと少ない。

150~180ccぐらいだと思うよ(たぶん)。

 

ついでに、コーヒーの濃度を均一にするのとさらに冷やすためにコーヒーサーバーを回して攪拌。

1杯分の抽出だから攪拌しなくてもいいんだけども念のためね。

スポンサーリンク

急冷式アイスコーヒーを氷入りカップに注ぐ

出来上がった「急冷式アイスコーヒー」をさらにキンキンに冷やすため、マグカップに新しい氷を入れる。

使っているマグカップはアウトドアブランドの「Belmont(ベルモント)」のチタン製マグカップ。

なんだか下の方が青く変色しているのはチタン製マグカップに自分で焼き入れをしたためです。

世界で自分だけのオリジナルマグカップが出来上がるので、チタン製のマグカップはアウトドアで使う以外にも所有感を満たしてくれるよ。

金属アレルギーを起こしにくいらしいし、何より軽くて錆びないのが良い。

 

チタンは熱伝導率が悪いっていわれてるけど、調理するわけじゃないからあんまし関係ないね。

氷を入れるとキンキンに冷えるよ。

 

キンキンに冷えたチタン製マグカップにキンキンに冷えた急冷式アイスコーヒーを注ぐ。

このとき、昔ながらの三角形のコーヒーサーバーなら一気に冷やすために使った氷がマグカップに注がれるのを防げる。
(すぼんだ口のところでストップされる。)

ストレートのビーカータイプのコーヒーサーバーだと氷が思いっきりマグカップに入るので気を付けてね。

 

冷やすために使用した氷がちょっと溶けてるし溶けやすくなってるから、新しい氷だけをマグカップに入れて冷たいコーヒーを注いだ方がキンキンに冷えるよ。

<大きめの氷2つにアイスコーヒーを注いだ擦切り300ml容量のチタン製マグカップ>

チタン製マグカップにアイスコーヒーを注ぐだけで気分はアウトドア。

ここ、台所だけど。

 

とりあえず飲んじゃお。

・・・キンキンに冷えてる。

マンデリンとブルカAA(タンザニア)のブレンドだから、香りと風味がものすごく強くキレッキレの味わい。

素晴らしい。。。

「Belmont チタンシングルマグ300」で外コーヒーの美味しさ100倍?簡単焼き入れで自分だけのオリジナルマグカップに大変身!!
チタン製のマグカップでコーヒーを飲めばより一層美味しく感じる。 軽くて丈夫でさびないことで知られる金属「チタン(titanium)」製のマグカップは、ガスバーナーなどで炙って”焼き入れ”をすれば自分だけのオリジナルマグカップに大変身。...
スポンサーリンク

まとめ

氷を張ったコーヒーサーバーにホットコーヒーを抽出すれば「急冷式アイスコーヒー」の完成ですが、切れ味のある美味しいアイスコーヒーに仕上げるためには
・濃いめに抽出する
というコツがありました。

氷が融けるのでそのぶんだけコーヒーが薄くなりますからね。

 

暑い季節にはキンキンに冷えたアイスコーヒーが美味しいですが、元々熱いホットコーヒーを一気に冷却して熱さを吹き飛ばすことで美味しいアイスコーヒーを楽しめます。

必要な道具も「ペーパードリップをする珈琲器具一式」に「氷」を追加するだけなので手軽に手に入れることができますね。

 

より美味しい「急冷式アイスコーヒー」を楽しむならば、使用する珈琲豆を選定してみると良いですね。

 

それでは本日も素敵なコーヒータイムを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました