How to Coffee

How to Coffee

発売迫るエバニュー新型アルコールストーブ「ブルーノートストーブ」はチタンアルコールストーブの不満を解消できるのか?発売前におさらいしよう。

コチラの記事はブルーノートストーブ発売前の予想や用途を紹介しております。 実際に購入して湯沸かしてみて気付いたことなどは「可愛らしい見た目とは裏腹な癖の塊、上級者向けギアなブルーノートストーブ」を参照してくださいね。 ...
How to Coffee

湯沸かししたマグカップから直接ドリップ!荷物を少なくしたいアウトドアシーンで大活躍するコーヒーの淹れ方はコレに決まり!!

荷物を出来るだけ少なくしたいアウトドアシーンでコーヒーを楽しむなら、重くてかさばるコーヒーポットはできれば持って行きたくないものです。 軽量でありながらさまざまな用途に使うことのできる”直火にかけられるマグカップ”でお湯を沸かし、その...
How to Coffee

アウトドアコーヒーをより簡単に♪厚手のアルミホイルで作る「エバニューチタンアルコールストーブ専用風防」の使い勝手は既製品以上??

アウトドアでコーヒーを楽しむにあたって一番重要となるのはお湯を沸かすことで、風が吹いていたりすると中々お湯は沸きませんよね。 バーベキュー用などで販売されている厚手のアルミホイルで「アルコールストーブ専用風防」は誰でもお手軽に作れます...
How to Coffee

超軽量A4サイズアウトドアテーブル「EVERNEW Alu.Table/Fire」は熱いものも直接置ける!!収納袋が残念なのと見えないところがちょっと心配??

軽量なチタン製クッカーやアルコールストーブで知られる「EVERNEW(エバニュー)」さんの超軽量A4サイズテーブルを手に入れました。 やはり特筆すべきはその軽さ。。。 だけにとどまらないのが「Alu.Table/Fire(EBY...
How to Coffee

薄いチタンには要注意!エバニューのチタン子皿mulTiDishに焼き色をつけようとストーブで炙ったら歪んだ。「Today’s Coffee」

使い込めば使い込むほど美しい色合いになるチタン製品。 水から焼き入れてチタンブルーを出す人も多いはず。 小物を載せたりアルコールストーブを載せて温めるのにちょうどいい 「EVERNEW(エバニュー)」 ・mulTiD...
How to Coffee

エバニューのチタンアルコールストーブの燃料に無水エタノール?不完全燃焼された大きな炎でチタン製マグカップでお湯沸かしてコーヒーを楽しむ。

コチラの記事ではチタンアルコールストーブを使用しています。 同じくエバニューさんのブルーノートストーブの使用感などを知りたい方は「可愛らしい見た目とは裏腹な癖の塊、上級者向けギアなブルーノートストーブ」を参照してくださいね。 ...
How to Coffee

「FORE WINDS」マイクロキャンプストーブで湯沸かしてコーヒー淹れる!五徳は小さいけど安定感アリ!!「FUTURE FOX」遮熱テーブルはあると便利だけどもバーナーパッド五徳は用途によっては必要ない?

マイクロキャンプストーブ(FW-MS01)はコンパクトで携帯性に優れ、五徳は小さいけども安定性も十分なシングルバーナー。 五徳が小さいからとバーナーパッドを載せると輻射熱でものすごく熱くなる! コーヒーポットを載せてお湯を沸かす...
How to Coffee

こんなのアリ?浅煎り×深煎りのブレンドコーヒー!浅煎りでも深煎りでも中煎りでもない全く新しいコーヒーの仕上がりになるのでオススメ

浅煎り×深煎りでブレンドすると全く新しい仕上がりのコーヒーになってすっごく美味しい! 「D's CAFE Style」のonoDです。 ブレンドする珈琲豆って固定観念で 「浅煎りは浅煎りの珈琲豆とブレンドするのが定石」 「深...
How to Coffee

ドリップバッグで美味しいコーヒーを淹れる3つのポイント!エネオスでもらったドトールのドリップバッグで実践する!!

ガソリンスタンド「ENEOS(エネオス)」で給油をしたら、なにやら透明のビニール袋の中にENEOSカードの広告紙の入ったものをいただきました。 なにやら膨らみがありますね。。。 帰宅してさっそく中を開けてみると、ENEO...
How to Coffee

これはアリ?ターキッシュコーヒーをペーパードリップすると超ゆっくりドリップされるから気を付けよう!!

極細挽きの珈琲粉でペーパードリップするとドリップに時間がかかる。 「D's CAFE Style」のonoDです。 イスタンブールのお土産でいただいたターキッシュコーヒーですが、煮出しコーヒーではあるものの珈琲粉の個性が...
タイトルとURLをコピーしました