How to Coffee

アウトドアコーヒーのすすめ。キャンプにはコンパクトに収納できるコーヒーセットを用意しつつもこだわりを持って挑むべし。

コーヒーが好きすぎて自宅でもハンドドリップで落としています。 同じ器具で同じ珈琲豆を使用して同じ淹れ方をしてもキャンプや登山などの「アウトドアシーン」で飲むコーヒーは、普段よりも10倍美味しく感じるものです。 「D's ...
How to Coffee

小さいカリタウェーブに大きいウェーブフィルターでコーヒーをドリップすると使いづらいことの再確認。

高さ以外に広がり具合しか違いのないカリタウェーブの155サイズと185サイズ。 185サイズのドリッパーに155サイズのウェーブフィルターは使い易いけども、その逆は使いづらい。 「D's CAFE Style」のonoD...
How to Coffee

発売迫るエバニュー新型アルコールストーブ「ブルーノートストーブ」はチタンアルコールストーブの不満を解消できるのか?発売前におさらいしよう。

コチラの記事はブルーノートストーブ発売前の予想や用途を紹介しております。 実際に購入して湯沸かしてみて気付いたことなどは「可愛らしい見た目とは裏腹な癖の塊、上級者向けギアなブルーノートストーブ」を参照してくださいね。 ...
Coffee Ware

大容量マグカップからコーヒーを直接ドリップ!専用のコーヒーポットなしで美味しくドリップできるのか?「Belmont チタンシングルマグ450」

450mlの大容量マグカップでお湯を沸かして直接珈琲豆にお湯を注いでコーヒーはドリップできるのか? 繊細なドリップは難しいものの美味しいコーヒーは淹れられます。 「D's CAFE Style」のonoDです。 ず...
How to Coffee

湯沸かししたマグカップから直接ドリップ!荷物を少なくしたいアウトドアシーンで大活躍するコーヒーの淹れ方はコレに決まり!!

荷物を出来るだけ少なくしたいアウトドアシーンでコーヒーを楽しむなら、重くてかさばるコーヒーポットはできれば持って行きたくないものです。 軽量でありながらさまざまな用途に使うことのできる”直火にかけられるマグカップ”でお湯を沸かし、その...
How to Coffee

アウトドアコーヒーをより簡単に♪厚手のアルミホイルで作る「エバニューチタンアルコールストーブ専用風防」の使い勝手は既製品以上??

アウトドアでコーヒーを楽しむにあたって一番重要となるのはお湯を沸かすことで、風が吹いていたりすると中々お湯は沸きませんよね。 バーベキュー用などで販売されている厚手のアルミホイルで「アルコールストーブ専用風防」は誰でもお手軽に作れます...
How to Coffee

超軽量A4サイズアウトドアテーブル「EVERNEW Alu.Table/Fire」は熱いものも直接置ける!!収納袋が残念なのと見えないところがちょっと心配??

軽量なチタン製クッカーやアルコールストーブで知られる「EVERNEW(エバニュー)」さんの超軽量A4サイズテーブルを手に入れました。 やはり特筆すべきはその軽さ。。。 だけにとどまらないのが「Alu.Table/Fire(EBY...
Coffee Ware

ベルモントのチタンシェラカップを焼き入れる!ドリッパーを持ってシェラカップにコーヒーをドリップすれば気分はまるで喫茶店のマスター♪

シェラカップをコーヒーサーバー代わりにドリップすると、まるで老舗喫茶店のマスターのような気分を味わえます。 チタン製であれば軽量で金属アレルギーを起こしにくく、なにより綺麗な焼き色を楽しむことができます。 「D's CA...
How to Coffee

薄いチタンには要注意!エバニューのチタン子皿mulTiDishに焼き色をつけようとストーブで炙ったら歪んだ。「Today’s Coffee」

使い込めば使い込むほど美しい色合いになるチタン製品。 水から焼き入れてチタンブルーを出す人も多いはず。 小物を載せたりアルコールストーブを載せて温めるのにちょうどいい 「EVERNEW(エバニュー)」 ・mulTiD...
How to Coffee

エバニューのチタンアルコールストーブの燃料に無水エタノール?不完全燃焼された大きな炎でチタン製マグカップでお湯沸かしてコーヒーを楽しむ。

コチラの記事ではチタンアルコールストーブを使用しています。 同じくエバニューさんのブルーノートストーブの使用感などを知りたい方は「可愛らしい見た目とは裏腹な癖の塊、上級者向けギアなブルーノートストーブ」を参照してくださいね。 ...
タイトルとURLをコピーしました